保育士・幼稚園教諭の仕事体験談

海外の日本人幼稚園へ転職

海外の日本人幼稚園へ転職

保育士や幼稚園教諭といった仕事は、今でも特に女性に根強い人気があるようです。保育園や幼稚園の先生に優しく接してもらった記憶や、一般的に「女性らしい」というイメージがあるからでしょうか。しかし、保育士も幼稚園教諭もひとつの仕事であり、当然そこには職場としてブラックなところもあり、複雑な人間関係もあります。このサイトでは、保育士の方のじっさいの体験談を集めて紹介しています。
こちらの記事は、40代の女性の、海外幼稚園に転職したという珍しい体験談です。
経験:
私立保育園5年、海外の幼稚園3年
プロフィール:
結婚のために退職をしたので、保育園などでの就職年数は2園合わせて8年です。現在は、専業主婦で3人の子持ちです。

海外での暮らしに興味を持ち、保育園を退職

初めて就職した所は、職員が50人ほどで、園児が300人弱の保育園でした。職員の層が広くベテランの方をはじめ、中堅、新人がおり、保育内容もしっかりと考えている保育園だと思います。そこでは5年努めましたが、2~3年たったころ、海外での暮らしに興味を持ち始めました。

海外の日本人幼稚園の募集を知り応募

働きながら海外の求人情報収集をしていたのですが、4年ほどたったころ、知人から、海外の日本人幼稚園の募集があることを知りました。そこで、日本の事務所で面接するに至りました。

現地に行っての丁寧な試験を経て採用された

その際、「海外の保育園では辞める方も多いので(ホームシックなど)、実際に自分の目で見てもらってからそちらで再度、面接と簡単な試験をしてもらいます」とのことでした。そこで実際に海外の日本人幼稚園に足を運び、4日ほど複数担任クラスに入り子供と関わったり、ピアノなどの簡単なテストを受けました。2度目の就職試験に無事受かったので、日本の保育園に詳細を話し、5年務めたうえで退職をしました。

きれいな日本語を話すことを求められた

転職した幼稚園は、職員十数名、園児100名ほどの幼稚園です。園長、保育士はみな日本人で、事務スタッフに数名現地の方がいました。園児は、海外駐在者のお子さんが主にきていましたが、日本人の血を引くミックスのお子さんもいました。
そこでは、きれいな日本語を話すことを求められ、季節、行事の活動も日本よりも意識して行っていました。もちろん、海外のため、英語やリトミックなどは実際にネイティブの先生がいて、英語の環境もカリキュラムに取り込まれていました。

良い自分磨きになった

転職先では、週6日働いていたので、その当時はもう少し休みがほしいという事を思っておりましたが、忙しかったからこそホームシックにならずにすんだのかもしれまん。また、すべてのことが、自分次第なので、甘い考えだった私には自分磨きをする良い経験になったと思っています。

幼稚園から保育園への転職

保育士から他職への転職

保育士から一般企業への転職

ブラック保育園の思い出

保育士・幼稚園教諭の仕事体験談